水道管の凍結に注意しましょう!

水道管凍結とは

気温が-4℃以下になると,水道の水が凍ったり,水道管が破裂したりします。特に多く見られるのは次のような箇所です。
・水道管がむき出しになっているところ。
・水道管が北向きの日陰にあるところ。
・風当たりの強い戸外にある水道管。

水道管の凍結を防ぐには

水道管や蛇口の部分に保温材を取り付けてください。この保温材には,取り付け簡単な市販品がありますが,手近なものとしては,布,ナイロン,フェルト,コモ等があります。これらを利用し,水道管に巻きつけて,その上からビニール等を巻いて保温してください。
なお,指定水道工事店によっては,取り付け業務(有料)を行っているところがありますので,お問い合わせください。

水道工事指定工事店

水道管が凍ってしまい,水が出ない時は

タオルや布をかぶせ、その上からゆっくりと「ぬるま湯」をかけて溶かします。
お急ぎでないときは,自然に溶けるのをお待ちください。急に熱湯をかけると,水道管蛇口が破裂することがありますので特に注意してください。

水道管が破裂してしまったときは(応急手当のしかた)


1 まず、止水栓のハンドルを右に回して水を止めて下さい。止水栓は、メータボックスの中かその近くにあります。
なお、古い止水栓にはしまりにくいものもあります。そんなときは、無理にしめつけず,三芳水道企業団にお電話ください。
2 給水管から水がふき出しているときは、その部分にビニールテープか布切れなどをしっかり巻きつけ止水栓をしめて水を止めてください。
当企業団では宅内における漏水修理は行っておりません。ご家庭で直せない故障は、指定水道工事店へ修理をお申し込みください。修理は有料となります。

この情報に関するお問い合わせ先
三芳水道企業団 業務係
電話:0470-22-3782